• NEWS & TOPICS


  • 2019.10.16

新オフィス移転・フリーアドレス導入事例が紹介されました
新オフィス移転・フリーアドレス導入事例が紹介されました

2019年9月、ベルトラは八重洲から京橋宝町に本社オフィスを移転しました。「スタログ」にて、弊社移転事例が紹介されています。

新オフィスでは移転にあたり、スケルトンリノベーションを実施。間仕切りを極力なくした1フロアのデザインで、三方の窓から採光をとり、とても明るいオフィススペースとなりました。コミュニケーションの活性化を図るため、執務エリアの通路の設定、通路の高低差、机の形や角度を変えることにより、座席によって見える景色が違なるような工夫が凝らされています。

フリーアドレスの一層の促進のため、座席抽選システム「らくーざ」を導入。業務グループ単位である程度の距離を保ちつつ、他部署のメンバーとの交流や、業務効率化のための自主的な動きが生まれやすい環境を目指しています。休憩用のラウンジスペースは、朝活やちょっとしたミーティングにも使われています。

また、ベルトラでは様々なライフプランや業務効率を最大限に発揮してもらうため、在宅勤務(Work From Home)やフレックス等、場所や時間に縛られない柔軟な働き方を推奨しています。女性社員が多く活躍するベルトラでは、子育て中の社員にもこの制度は活用されています。

オフィス内のデザインにはリラックス効果のある植物を多く使用し、あたかも森林浴をしているかのようなイメージ。有志による金魚の飼育もおこなわれ、日々の業務の中での癒しとなっています。

エントランスホールのモニターには世界各地の風景が映し出されます

新オフィス移転後、社員からも「他チームメンバーとの交流がしやすくなった」「快適」「緑が多くて癒される」などの声が上がっており、評判は上々。

ベルトラオフィスには日本のみならず、世界各地からパートナー企業の皆さんも訪れます。また、ベルトラにかかわるすべてのステークホルダーの皆さまとより一層のコミュニケーションを図るため、スペースを活用してのイベントも予定されています。

ページトップへ戻る